猫とワタシ

シャントゥーズCHISAの”PARIS,JE T’AIME” 

パリでジャズ歌手・小説家・翻訳家として16年・・・パリの楽しいこと日記です!

この記事のみを表示する「王妃の館」でアペリティフ

未分類

AAA PDR






先々週の私の誕生日。
けれど少々体調が悪く、レストランその他の予定は延期になりました。

大きい猫(ミカエル)と小さい猫(マヤちゃん)と
ゆっくり過ごしたのはいいのですが、
夜も大統領戦の右派候補討論(何が悲しくて・・)を
テレビで見て終わった一日でありました。


しょぼんとしていたら、
土曜にMちゃんからメッセージ。

「一杯ゴチするわ~」

場所はしばらくご無沙汰だったマレ地区。


メトロ、サンポールで待ち合わせます。
と、通りかかったこのサンポール教会。
実は入ったことがなかった・・

入ると、意外に・・・






AAA ST PAUL




シャンデリアの光溢れる教会でした。


さて、どこに連れて行ってくれるのかと思いきや、それはここ・・

いや、最初のフォトです。


「パヴィヨン・ド・ラ・レンヌ 王妃の館」


ヴォージュ広場の周りを囲む建物の一角にあるこのホテル。
17世紀初頭、ルイ13世の妻アンヌ・ドートリッシュが
滞在していたことからこの名がついているのです。


広場の建設はアンリ4世によって着手、ルイ13世とアンヌの
婚約を期に1612年に公開されました。
もとはロワイヤル広場という名でしたが、名称は時代の流れによって
目まぐるしく変えられ、1800年につけられた「ヴォージュ」に今は
落ち着いているというわけです。

パリでおそらく最も美しい広場で、ヴィクトル・ユゴーをはじめ、
多くの著名人が暮らしたところでもあります。





AAA PDR 2





秋も深まり、ホテルを彩る蔦の紅葉が美しい・・。
そして、フォトを撮りに来るツーリストの人々の
足も絶えません。




さて、ホテルのバーへ。

クラシックで落ち着く雰囲気です。
入って右手の書斎風の部屋がよかったのですが、
残念ながら満席。






AAA PDR BAR 3









左の部屋は・・・





AAA PDR BAR




クラシック&シンプル。
落ち着きます。





AAA PDR BAR 2




お誕生日ということで、シャンパン、そしてスモークサーモンを注文。

程なくシャンパンがサーヴィスされます。
が、サーモンがなかなか来ない・・。

その間にМちゃんからプレゼントをもらったり、
フォトを撮ったり。


さてやっと来たサーモン、これが結構なボリューム。
新鮮だし、時間がかかったので、厨房でちゃんと
切って用意されたようです。
美味しい!





AAA PDR SAUMON





周りは外国人客がほとんど。
赤ちゃん連れのカップなども来るし、
実は結構打ち解けた雰囲気なのです。


歴史ある建物の中ででゆったりとした時を過ごせ、
またシャンゼリゼやオペラ界隈の有名カフェなどに比べると、
リーズナブル。お勧めです。
(もちろんお茶やケーキもいただけます)





AAA PDR ILLUMINATION





夕方6時にもなれば外には夕闇が。
イルミネーションもまた美しい・・。





AAA PDR ILLUMINATION 2





こういう木々に電飾をつけちゃうというのは、
日本では思いつかない?


Mちゃん、メルシー。
おしゃれなお誕生日になりました。




家に帰り、もらったプレゼントを大きい猫に見せると、眉間に皺を寄せて・・


「ナンデスカ?」(期待通りの反応だ・・)




AAA CADEAUX




マレにできた日本のブティック「CRAFTHOLIC」のグッズ。
クマ、ウサギ、ネコ、サルのキャラがあります。

フォトのはネコの腰当てとポーチとウサギのボールペン。


「これはヌーヌー(ぬいぐるみ)ではなく、
こうして使うのだ」

と、腰に当ててみせると、大ネコは

「ああ、なるほど」

と、妙に納得しておりました・・。







ランキングマーク、クリックしていただけると
うれしいです!



  ↓


 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

Envoyer un commentaire

secret

L'accès réservé à l'administrateurL'accès réservé à l'administrateur

Seul l'administrateur du blog peut lire ce commentaire.

Rétrolien:

この記事のRétrolien:アドレス

→Faire rétrolien à cet article (Utilisateurs FC2 BLOG)