猫とワタシ

シャントゥーズCHISAの”PARIS,JE T’AIME” 

パリでジャズ歌手・小説家・翻訳家として16年・・・パリの楽しいこと日記です!

この記事のみを表示するタンゴのバル&そのあとのお楽しみ

未分類

AAA BARRIO LATINO 4






「タンゴをはじめてよかった」理由の3つのうちの
最後を飾るのは・・



バル(舞踏会)です。



以前、セーヌ岸で踊る夏のバルのことを少しご紹介しました。
夜風も心地よく、サンルイ島あたりの灯りがムード満点。
ああ、楽しかった・・。



が、秋になるとさすがに戸外はムリです。




そこで室内のバルに足を運ぶことになるのですが、
私たちのお気に入りはバスティーユにある
「バリオ・ラティノ Barrio Latino 」。




なんといっても内装が美しい。






AAA BARRIO LATINO 2
上はレストランになっています。





私は夫ミカエルがタンゴのパートナーでもあるわけですが、
時々は他のムッシューのお誘いを受けることも・・






AAA BARRIO LATINO 5
残念ながら、この日は華やかドレスの人は見当たらず・・。





最初は上手くついていけませんでしたが、
このごろやっと慣れてきた・・かな?
(タンゴを踊る際の女性の基本は「男性のリードについていく。
つまり、リードがあるまで待つ、です」。
うまくリードされるのにもテクニックがいるのです)







AAA BARRIO LATINO






参加者の平均年齢は、はっきりいって非常に高い。
私たちが一番若いかも~。
(アジア人は若く見えますから・・・)


そして、前回もお話しましたが、
女性陣の装いがハデ・・・いや、華やか。
見ているだけでも楽しいのです。


年齢を重ねても背筋をしゃっきとさせて、
素敵なドレスを着て踊る・・。
タンゴを始める前は想像もしませんでした。




AAA BARRIO LATINO 3





さて、踊ったあと。
タンゴの先輩のY子さんなどはバルの始まるころに
到着し、終わるころに帰る(または他へ行く)
という優等生(?)ですが、
私たちは2時間もいれば十分。


「ああ、疲れた。のどが渇いた・・」

と、誰かが言い出せば、

「あ、じゃ、チャイナ行く?」


となるわけです。


「チャイナ」とは「ル・チャイナ(チャイナ・クラブ)」、
バル会場のすぐ近くにあるバー&レストラン。





AAA CHINA 2
二階も居心地がいい。





昔はここでジャムセッションをやっていて、
ミカエルが時々来ていた(彼はサクソフォニスト)のですが、
今はたまに地下でファンク系のライブがあるくらいだそう。






AAA CHINA COCKTAIL 3
これは私とMちゃんお気に入りの「オールド・マネー・レイディ」。
フランボワーズ好きにはたまらない。








ほとんどのカクテルがオリジナル。
うれしいのは、ハッピーアワーならすべてハーフプライス!



タンゴの先生の彼であるD氏などは、
先生が日本へ行っている間に連れてきたらすっかりファンに。
バルへ行って、一番早く、「チャイナ行こうよ~」
と、言い出すのは彼です。






AAA CHINA COCKTAIL
これはミカエルとD氏が頼んだ「その日のカクテル」。タバスコがきいている!






ミカエルのお気に入りはキュウリやミントを使ったカクテル
(中国名なので覚えられず・・)。
夏の定番モヒートもミントたっぷりでとても美味しい。







AAA CHINA COCKTAIL 2
ノンアルコールもあります。D氏のママはいつもこのベリー系ミックスジュース。








また、フォトを見ていただけるとわかるように、
グラスが大きい。
つまり、量が多い。
2杯いくとけっこう酔いが・・・。

日本のカクテルグラスって・・ちっちゃいですよねえ。


本格的なカクテルバーも最近パリに増えているようです。

フランス人が、
「アメリカにはろくな酒がないから、
カクテルなんて混ぜ物を飲んでるんだ」
なんて憎まれ口をたたいていたのも
昔のこと・・・なのでしょうか。








Barrio Latino
46-48 Rue de Faubourg St Antoine
75012 Paris
01 55 78 84 75

Le China
50 Rue de Charenton
75012 Paris
01 43 46 08 09






ランキングマーク、クリックしていただけると
うれしいです!



 ↓


 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

Envoyer un commentaire

secret

Rétrolien:

この記事のRétrolien:アドレス

→Faire rétrolien à cet article (Utilisateurs FC2 BLOG)