猫とワタシ

シャントゥーズCHISAの”PARIS,JE T’AIME” 

パリでジャズ歌手・小説家・翻訳家として16年・・・パリの楽しいこと日記です!

この記事のみを表示するローマの平日7:ボルゲーゼ美術館と黄昏のローマ

未分類

BORGHESE PLAFOND 1
入り口を入った広間の天井からしてこんな華やかさ・・・。



3日で周るローマの2日目。
午後はボルゲーゼ美術館(要予約)へ。




荷物を預け、入り口で待っていると、
「マダム、そのバッグも預けてください」
係りのオジサンが近くにいた夫人に言う。




私の小さなポシェットは他の係員にオーケーを
もらっていたのですが、彼に確認するとそれも「ノー」。
するとまた他の係員は「いや、大丈夫、大丈夫」。




結局オーケーでしたが、
果たしてこの文庫本ほどの大きさのポシェット
(しかもジャケットの下に隠れている)
によって、いったいどんな問題が生じるというのだろうか・・?




さて、このボルゲーゼ美術館。
もとは美術作品収集家のボルゲーゼ枢機卿の屋敷で、
とにかく美しいものがぎっしりつまっておりました・・。





これでもほんの一部ですが、フォトをご覧ください。





BORGHESE BERNINI
一番印象深かったのがベルニーニの彫刻の躍動感。「アポロとダフネ」。






BORGHESE BERNINI 2
ベルニーニ作「プロセルピナの略奪」。






BORGHESE PLAFOND 2
どのお部屋もこのように・・・





BORGHESE PLAFOND 3
ロマンチックな天井・・・





BORGHESE PLAFOND 4
こんなお部屋で、一度は目覚めてみたい・・?




BORGHESE SCULTURE





BORGHESE PLAFOND ANGE
天使がそこここに! 天使好きの私には夢のような空間。




BORGHESE SCULTURE ANGE
「よお、元気?」みたいな、気さくな天使くん。




BORGHESE SCULTURE ANGE 2
天使の微笑み。




BORGHESE TITIEN
有名なティツィアーノの『聖愛と俗愛』はここにあります。




まったく、ため息しか出ないような美術館でしたが、
すべてをじっくり鑑賞するには時間的(2時間)にも
気力体力的にも無理。
気に入った作品を丹念に見て、
あとは部屋の中央にあるソファに寝転んで(周りに人の少ないとき)、
天井画を(休みながら)楽しんだりしました。



さて、美術館を出て、バール(カフェ)を求めてスペイン広場の方へ。


ところがちょうど日の暮れる時間。
「夕暮れフォトを撮るチャンス!」
と、工事中のスペイン階段の横の階段を再び上がる・・。


疲れも限界。ああ、カプチーノが飲みたい・・。

でも、眼下の風景は・・・





PLACE ESPAGNE SOLEIL COUCHANT






PLACE ESPAGNE SOLEIL COUCHANT 2





もうふらふらに疲れていたのですが、
あがってよかった、スペイン階段の横(涙)の階段。






その日のマヤちゃんフォト



MAYA CANAPE 2
フォト BY Mちゃん




ソファの縁はマヤちゃんの好きな寝場所のひとつ。
陽だまりですやすやお昼寝中です。
夢見ているのはやっぱり・・・ツナ、ハム、鴨、お魚・・・。
シッター中のMちゃんは
「マヤちゃん、寝てばっかり~」





ランキングマーク、クリックしていただけると
嬉しいです!


  ↓


 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

Envoyer un commentaire

secret

Rétrolien:

この記事のRétrolien:アドレス

→Faire rétrolien à cet article (Utilisateurs FC2 BLOG)