猫とワタシ

シャントゥーズCHISAの”PARIS,JE T’AIME” 

パリでジャズ歌手・小説家・翻訳家として16年・・・パリの楽しいこと日記です!

この記事のみを表示するモンマルトル・イケメンパティシエのケーキは意外に・・・!

未分類

gontran cherrie gateau





今年になって、なぜかモンマルトルに足を運ぶことが多い私です。
この間、最近写真撮影にはまっている
Mちゃんと「ビュット」(丘のこと)散策しました。





sacré coeur
曇り空をバックのサクレクール寺院。何度行っても写真に収めてしまいます。




が、この日は土曜日。サクレ・クール寺院周辺はツーリストで
溢れかえっています。
「あんたたち、写真どう?」「似顔絵どう?」攻撃に会い、
早々にわき道に退却。




flower.jpg




ショップを見ながら丘を下り、広場や小さな公園で休んだり。
人が多い時でも裏道を行けばゆったりできるのです。



dog mug
犬好きの人にプレゼントしたいマグカップ。


eiffel mug
こちらはパリ好きの人用。




さて、恒例の「ケーキ食べたいね」のお時間・・・。
そして例によってどこに行くかは決まっていません。
「イケメンパティシエのお店があるはず」とMちゃん、
それで検索すると、おお、出てきた。



彼の名はゴントラン・シェリエ。
シンガポールと東京に数件お店がすでにあるのですね。
パリ店はモンマルトル墓地のすぐ近く。
外観も内装も全然気取っていません・・・
というより、ほとんどご近所パン&ケーキ屋さん!


ここ数年、有名パティシエらのシックなブティックが
沢山できて、ケーキはどこも宝石のように陳列され、
値段も一つ8ユーロ前後(1100円くらい)・・。
これで美味しくないわけがない・・・ということはありません!
しっかりマズかったりする。



gontran cherrier shop



ここのように、有名な(しかもイケメンらしい)パティシエのお店なのに
ごく普通のパリのブランジェリーという雰囲気を持っているほうが
オリジナルかもしれません。
値段も普通で、4~5ユーロ(600~700円くらい)。
見かけも普通の伝統的なフランス菓子です。



お店のお姉さんも気さくだし、イートインもカウンターだしで気軽。
さて、二人で迷って選んだのはたしか(すみません・・・)
「ブランマンジェのムース」と「フランボワーズとピスタチオクリームのケーキ」(最初のフォトです)。
これが意外や意外で・・・美味しい!
甘さも丁度いいし、さっぱりとしながらもコクがあり、
要するに風味とテクスチャーがいいのです。
リピート決定!



でも、イケメンって、どんな?
こんな感じです。



gontran cherrier 2
フォト:Les joyeux pétrins より


まあ、あながちウソではないと・・言っておきましょう~。
今度はパンも買ってみよっと。


GONTRAN CHERRIER
22 RUE COLAINCOURT
75018 PARIS
TEL 01 46 06 82 66




このところパリはお天気で、爽やかな日が続いています。
夫ミカエルは今夜はエッフェル塔近くのセーヌ岸ペニッシュで演奏。
サン・クルーのヨーロッパ最大規模という花火も見れるかも!
と、よろこんで出かけて行きましたが・・・果たして見れるかな?
(花火会場入場チケットは一番高いので98ユーロ、14000円もするらしい・・)

  ↓


 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





Envoyer un commentaire

secret

Rétrolien:

この記事のRétrolien:アドレス

→Faire rétrolien à cet article (Utilisateurs FC2 BLOG)