fc2ブログ
猫とワタシ

シャントゥーズCHISAの”PARIS,JE T’AIME” 

ジャズ歌手・小説家・翻訳家として2000年からパリ暮らし。パリの楽しいこと日記です!

この記事のみを表示するパリで評判の(日本風?)サロン・ド・テへ行ってみました その2

グルメ

FUWA FUWA 3





昨年末に行ってみたらすでに年末年始休暇でお休みの13区のサロン・ド・テ、

先週無事にリベンジ達成です。


Мちゃん職場同僚が大のお気に入りというこの店の名は・・・

「FUWA FUWA フワフワ」。


入口にも「日本のフワフワパンケーキ」とかなんとか日本語で明記されているので、

てっきり日本の方経営と思いきや、店内スタッフはアジア系フランス人中心という感じ。



さすが人気店、土曜の午後というのも手伝って、入店待ちの行列が絶えることなし。

脇を通り過ぎる英語圏の人々が、

「ここのパンケーキ、とっても美味しいのよね~」

などと言う声も聞こえてくるし、ちょっとしたブームみたいです。

(日本ではもう普通ですものねー)






お店の人々の感じはよい。

が、とにかく混んでいて、長居できる雰囲気ではない。

「食べたら出る」・・・のサロン・ド・テかあ。

そういうわけで、待っていれば比較的早く入れるのですけれど。







FUWA FUWA 1




私の頼んだドリンクは「緑茶&イチゴ」。

緑茶の味はせず、イチゴジャムを水で溶かしたのを飲んでいるというか、

とにかく甘いし、これは失敗。


Мちゃんの「マンゴーティー」(だったかな?)はまあまあの味わい。






FUWA FUWA4






私はお勧めの「イチゴとホイップクリームのパンケーキ」。

フォトで見るとボリュームありそうですが、

まさにフワフワで甘さ控えめ、軽くいただけました。

ただ、クリームは三分の一でギブアップ。







FWA FWA 2





Мちゃんはマンゴー。

こちらの方がボリュームあるかな?

やはりクリームが多すぎ。


ネットの口コミに、

「このパンケーキとドリンクで18ユーロくらい(約2700円)とは高すぎる」

というのがありましたが、納得。



「不味くはないけど、日本のホットケーキのほうが好きかなあ。メープルシロップとバターの、普通のやつね」、

というのが私たちの結論でした・・・リピはなしっ。

日本のフワフワパンケーキはどんなものでしょうか。

今度行ったら試してみるか、みないか・・・?

やっぱり普通のホットケーキにしちゃう、と思います(=^・^=)



追記:ヴァレンタインデーにPASCAL CAFFET パスカル・カフェという;MOF(国家最優秀職人章)を持つ
    ショコラティエ&パティシエのお店の前を通りかかったので、チョコ&フランボワーズのケーキ、
    ヴァニラムースケーキ、マロン&ピスタチオエクレアを買ってみたところ、非常に美味でした。
    小ぶりで7~8ユーロ、でも満足。
    残念ながら家で箱を開けたら美しく繊細なデコレーションは見事崩れ落ち、フォトは撮れませんでした~涙。
    ミカエルに持たせるんじゃなかった・・・。
    (でもこのお店、外に「世界で一番美味しいケーキとチョコレートの店」と記してあるんですよね笑)







ランキングマーク、クリックしていただけると
嬉しいです!


  ↓

 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



この記事のみを表示するパリで評判の日本(風?)サロンドテへ行ってみました その1

未分類

OLYMPIADES SALONN DE THE 1





大変ご無沙汰しております。

東京は大雪だったとのこと、久しぶりに雪の渋谷の映像を見てびっくりいたしました。

それから、小澤征爾さんが亡くなられたという知らせ、本当に残念です。

日本で買い求めた小沢氏と村上春樹氏の対談集を読んだばかりだったので、

とっても悲しいです。

闘病しながら音楽と共に最後まで生きられた小沢さん、カッコイイ。

そして、きっとお幸せだったと思います。

天国でも素晴らしい音楽を紡いでおられることでしょう。

(それにしても、若い頃のお写真、オザケン(小沢さんの甥・懐かしい・・・)に似てるなあ~)




さて、実は昨年12月末に遡りますが、パリ友Мちゃんが、

「職場の友達(パリジェンヌ)がね、美味しくて人気のパンケーキ屋さんがあるっていうの。

13区中華街の近くなんだけど、いこうよ」

日本では(とっくに)ブームは去っていると思われますが、一時流行った「フワフワパンケーキ」が

その売りだそうな。





年末なので閉まっている可能性大なので、Мちゃんが電話してくれましたが、

誰もでなかったそう。(ネット情報はあてにならないし・・・)

とりあえず行ってみると、やっぱりー! のお休みでした。



「さーて、どうしよう」

調べると、近くに新しめの店があるよう。

それは13区の図書館(同13区の巨大な新国立図書館ではありません)の並び、

「DUTHY SALON DE THE  デュティ・サロンドテ」。



ショーケースにはなかなか綺麗なケーキたちが並んでいます。

店内は白基調で、明るくてシンプル。




私は最初のフォトのフレジエ(イチゴとクリームのケーキ)とカプチーノ。

甘さ控えめ、普通に美味しい。

もうちょっとインパクトが欲しいところ。

そして、(なんかお店の人もアジア系だし、日本風狙ってるのかなー)生クリーム使ってショートケーキっぽく、

周りのセロファンにくっついて、綺麗に剥がせない。

ちなみに、フランスのイチゴのケーキ、フレジエのクリームはクレームパティシエールという

カスタードクリームにバターを混ぜたものなので、生クリームより固め。

冷やせば形も崩れないのですね。








一方Мちゃんは・・・





OLYMPIADES SALONN DE THE 3





レモン&柚子ケーキ。

これ、美しくできてます。

味見させてもらうと、中のレモンクリームは思ったより軽く、さっぱりといただける感じ。

これはアタリとしてよいでしょう。





OLYMPIADES SALONN DE THE 2





パッションフルーツアイスティーも美味でした。


素人っぽさがあるものの、のんびりできるし、ケーキ、サンドイッチ、サラダとチョイスもおおいので、

利用価値ありそうです。




そして先週、最初行こうと思っていた人気のパンケーキ店へ行ってきました。

それは次回、お楽しみに~🎵






ランキングマーク、クリックしていただけると
嬉しいです!


  ↓

 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

文字色

この記事のみを表示するロドス島14:リンドスの美しいビーチ

未分類

LINDOS PLAGE 2





リンドスは美しいビーチでも有名です。

そう、このフォトのビーチのことです。


ガイドブックでは「ギリシャで最も美しいビーチのひとつ」と言われる・・・。

でもあまり時間がないので、とにかく行ってみましょう。



アクロポリスから降りると狭い路地がくねくねと更に下へと続き、

観光地よろしく、やっぱりお土産やさんが所狭しと並んでいます。


でもね、お土産屋さんって、楽しいのよ、見るだけでも、女子には。






LINDOS ROBES






あ、これは!

今夜のディナーの服装はたしか地元の伝統衣装だったから、これはちょうどいい、

買っちゃおう!

というのはもちろんウソです。






LINDOS RINGS





ギリシャのお守りといえばこれ。

目玉と思わなければ意外と可愛い?








LINDOS POCELAINES





お皿も綺麗なのですが、凹凸があるので、使いづらいというか洗いづらい気が・・・。






LINDOS ACCESOIRES BLOG







こういったアクセサリーもつけて今夜のディナー行く勇気はとてもない・・・






LINDOS FLEURS 2





通りはツーリストでごった返しているので、

さっさと下のビーチへと歩を早めます。


ほどなく静かな住宅地にでました。

お花が綺麗💛






LLINDOS FLEURS







鮮やかなブーゲンビリア!

白い家々に映えます。






LINDOS OLIVIER






オリーブの木も小ぶりながら堂々としています。

ギリシャだわー。









LINDOS PLAGE 3






やっとビーチに着きました。

閑散としています。




パラソルとチェアを貸しているカフェのお兄さんに一応値段を聞くと、

「1時間15ユーロ」


その横では一家族が砂浜にビーチタオルを広げ、

海水浴を楽しんでいました。


水着まで持ってきたけど仕方ない、

泳ぐ時間はないので、ジーンズまくり上げて足浴だけして満足しました(笑)。





今度は白い家々の間のくねくね道を上がって、

そして下がって再び商店エリアに戻ります。







LINDOS CHAT 13





その一角で出会ったのがこの猫様。

声をかけてもピクリとも動かない。

村の長老猫様・・・いや、哲学者のような雰囲気も漂わせているので、

リンドス出身のクレオブロス(ギリシャ七賢人の一人とされる)と命名。


今回のヴァカンスではさすがギリシャの島だけあって、

たくさんの猫ちゃんたちに出会いました。





そして、




LINDOS CHEVRE




黒光りする毛並みの山羊さんにも。

みんな無事でしょうか。

乾季の山火事、ほんと手ごわい、恐ろしい・・・。





ということで、やっと2023年、夏のヴァカンス・ロードス島の記事、

完結です。最後までお付き合いいただきありがとうございました!

ちなみに、秋に日本へ行ったことは前にお伝えしましたが、

コロナも依然懸念される中、沢山の友達との再会も叶いました。

ついでに(?)結婚○○周年記念で沖縄へも行きました。

今月はクリスマスソング・ライブで忙しく、

24、25日も、そして新年も仕事です。

ミュージシャンとしてこれは喜ばねばなりません。


みなさまはどうぞ、よいクリスマス、そして新年をお迎えくださいね💛

今年一年、有難うございました。








ランキングマーク、クリックしていただけると
嬉しいです!


  ↓

 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村




この記事のみを表示するロドス島13:リンドス村の猫たち

ロドス島

LINDOS CHAT 7







日本で一度アップしたきりの(いまだに)夏のバカンス、ロドス島記事の続きです。

年内にはどうにか終わらせますのでよろしくお付き合いください・・・。




そうでした、人気のリンドス村でやりたいこと。

それは「遺跡と海をバックにした猫ちゃんショット」です。

岩合作品によくあるような素敵なの! は無理でしょうが、さあ頑張ろう。



猫ちゃんたちはあちこちにおるようですが、

何しろアクロポリスは広いのでこれがなかなか難しい。




そしてやっと撮ったのが最初のフォトです。

え、遺跡らしきものはちょっとじゃないかって?

その通りです。

でも猫の佇まいがいい感じと思いませんか?

(ちっちゃいけど・・・)







LINDOS CHAT 5





このミケ子ちゃん、可愛かったです。


みんなツーリストにはほんと慣れっこ。


(ガイドさんとは顔見知り?)




私のお気に入りは・・・








LINDOS CHAT 12






アクロポリスの丘を降りる途中で出会ったこの子。

幼さに凛とした雰囲気を合わせもっているところが魅力的💛



ああ、この子たち、7月の大火災を無事に逃れられたのかしら・・・。







LINDOS CHAT PERUCHE





切符売り場そばのお土産屋さんにも猫たち・・・。

やっぱりギリシャ遺跡と言えば猫なんですねえ。




アクロポリス見学を済ませて降りて行くと・・・






LINDOS TOURISTS 2







やや、来た来た!

ツーリストの波!








LINDOS TOURISTS





切符売り場までの階段を降り切った広場も人でいっぱい。

朝早い出発にしてくれた我々のガイドさん、さすが! ナイス!








LINDOS ANNE








このポニーちゃんたちのお仕事はアクロポリスへツーリストを運ぶこと。

子供だけでしょうね?

(と思ったら、足が悪くて丘に登るのを断念したミカママとシクラメン―どちらも豊満系—に

「ロバで行けますよ」、とガイドさん。動物虐待にならないのかなあ)



このあとは自由時間。

とはいえあまり時間はない。

美しいことで有名なリンドスのビーチで泳げるか?

・・・続く。




ランキングマーク、クリックしていただけると
嬉しいです!


  ↓

 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村






この記事のみを表示するロドス島12:ロドスに来たら外せないリンドス村1

未分類

LINDOS PAYSAGE
リンドスは美しいビーチ、白い家々、そしてその上に古代遺跡が佇む魅力的な村。








ずいぶん間が空きました、すみません・・・。

実は現在日本滞在中!

なかなか時間が取れず、やっと夏のヴァカンスの記事の最後です~。




そう、パリへ戻る前日はいよいよロドスの人気スポットリンドスへ。

この日は足の悪いミカママ(夫ミカエルのママ)も参加。

なんと、朝7時出発です!!

「みなさん、朝早くどうもありがとうございます。

これには理由がございます。あとでよーくわかりますからね」

と、ガイドさん。







LINDOS MAISON 2






10時ごろ村のふもとに到着。

「さあ、まずはアクロポリスまで上がりますよ!」

張り切っているガイドさん。

ミカママと同じく足の悪いシクラメン(私が頭をぶつけたときにお世話をしてくれたもと看護婦さん こちら参照)は

下のカフェで待っていることにしました。

(ガイドさんは「よろしければロバに乗って上がれますよ」と言いますが・・・二人とも首を振る。

ロバさんたち、よかったね~笑)

私たちにとってはちょうどよいハイキング。


眠い目をこすりながらも、白い家々が眼下に広がる光景に感動・・・。




LINDOS VENDEUSE








途中、テーブルクロスなどを道端に広げているオバサンが。

売り物ですね。

今日はお天気の土曜日、稼ぎ時!






LINDOS PLAGE 2






左手にはビーチが見えます。

あとで泳げるかなあ。






LINDOS CHAT 2






リンドスで最初に出会った猫ちゃんです。

かっこいい。

ムサシと命名(女の子だったらオツウか?)。






LINDOS CHAT 4





熱心にグルーミング中のこの子は・・・マーサ(単に思いついただけ)。








LINDOS GUIDE CHAT







ガイドさんの脇にもグルーミング中の子が。

人気スポットに住む猫たちはほんと、人慣れしています。






LINDOS EXPLIFICATION





ルーブル美術館のあの有名な「サモトラケのニケ」が、リンドスで発見された遺跡との関連から

ロードス島で作られたものとする推定もあるそう。





LINDOS ACROPOLIS 4



LINDOS ACROPOLIS 3






「この階段を上がるとき、いつもわくわくするんです」とガイドさん。

ほんと、ほんと、なんだかドキドキしてきた。

あの上には何が待っているのでしょうか。






LINDOS ACROPOLIS 2






LINDOS ACROPOLIS






どこまでも煌めく海を背景に静かに時を重ねる神殿の遺跡・・・



ギリシャの島にいるのだな、とひしひしと感じます。


そして、

今回の旅でぜひ叶えたかったことがあって・・・

と、周りをきょろきょろ・・・(まだ)続く。




ランキングマーク、クリックしていただけると
嬉しいです!


  ↓

 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村