猫とワタシ

シャントゥーズCHISAの”PARIS,JE T’AIME” 

パリでジャズ歌手・小説家・翻訳家として16年・・・パリの楽しいこと日記です!

この記事のみを表示する猫の名前

未分類

AAA MAYA SLEEP
寝るのが主な仕事です。






このブログにも時々登場しています
愛猫マヤちゃん。

日本人の家族や知人に

「どうしてマヤって名づけたの?」

と、よく聞かれます。



猫だけでなく、欧米人女子にはそう珍しくもない名前。

日本にもあると思いますが、なぜか聞かれる・・。

「ネコになぜに?!」と思われるのでしょうか。







AAA MAYA BEBE BUREAU








ネットで猫の名前人気ランキングをチェックしてみると・・・



日本の総合ランキング(BY IRIS PET)

1位 ココ  2位 クロ、ナナ 4位 チビ、ハナ、モモ  
7位 ミケ  8位 ヒメ    9位 フク 
10位 タマ、トラ、ミー、リン、レオ



フランスの雄雌別ランキング(BY WAMIZ)

メス
1位 ミネット 2位 シピー 3位 カリーヌ 4位 ミミ 5位 マヤ   
6位 ミミーヌ 7位 プランセス 8位 キティ 9位 ナラ 10位 イジス

オス
1位 ティグルー 2位 キャラメル 3位 フェリックス 4位 シンバ
5位 フィルー  6位 グリブイユ 7位 ミヌー    8位 レオ
9位 ガーフィールド 10位 フリプイユ



日本の1位の「ココ」は「ココ・シャネル」由来のものが多いそう。


我が愛猫の名はフランスメスの第5位!
(やっぱり、あんまり珍しくないのね・・・)






AAA MAYA COPAINS







日本の家族&知人の反応はこんな感じ。


母&妹「マヤちゃん? 可愛い名前~」
(まあ、普通の反応)

旧タンゴ仲間のM氏(ゲイの方)「すごい名前ねえ」
父親「え? なんだか、恐れ多い名前だねえ」
(彼らが連想しているのは「マヤ文明」だと思われます・・)

Mちゃん「ねえ、漢字ではどう書くの?」
(考えてなかった・・・)

日本の友人たちも「ねえねえ、どうして? 気になる・・」



さて、なぜにこの名をつけたか?

夫ミカエル(別名「大きい猫」)と一致で決めたのですが・・・由来は違う。


私はこの人にちなんで・・・





maya plisetskaya 2
フォト:the100.ru




往年の大プリマドンナ、マヤ・プリセツカヤ。

しなやかで美しい猫ちゃんに育つよう願いをこめて・・・なんてね。



一方、ミカエルはというと・・・





maya labeille
フォト:allocine.fr







「ミツバチ・マーヤ」(笑)
(フランスではマヤと発音します )





「ねえ、マヤちゃん、あなたの名前は
プリマドンナと文明とアニメのミツバチにちなんでいるのよ」





AAA MAYA TIGER




「どうでもいいにゃーん、ガオー!」

これではトラ子ちゃんかしら・・・。
(実はアクビをしている・・)



ついでですが、我が家の大きいほうのネコ、
ミカエルくんの名前も与えるイメージが異なるよう。


日本人の友達は

「まあ、厳かな名前・・・」

Mちゃんダンナの仏人J氏は

「怖い・・・」
(戦いの長、あるいは裁きの天使のイメージかららしい。
そのためか、この人は「マイケル」と呼び、
Mちゃんは「ミカちゃん」と呼ぶ・・笑)


そして、マヤちゃんのときは「すごい名前ねえ」
とおっしゃったM氏は、

「あら、可愛い名前ねえ」


名前ひとつとっても、人に与える印象って
こうも違うのですねえ・・・。









ランキングマーク、クリックしていただけると
うれしいです!



  ↓


 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

この記事のみを表示するモンマルトルの人気ビストロ

未分類

AAA BOURGIGNON 3







ちょっと前になりますが、モンマルトルのとあるビストロで
ランチしました。


去年、タンゴ教室の場所が他へ移ってしまい、
しばらくご無沙汰だったモンマルトル・・・。









AAA MONTMARTRE








久々の散策も楽しみです。
お店は、例によって、食通Mちゃんお勧めの人気ビストロ。










AAA SALLE







小さな店内は、梁天井に赤白チェックのテーブルクロス。
昔ながらのパリという感じの、なかなかいい雰囲気。


「狭い店内だけど、テーブルを上手く配置して、
サービスしやすくしてるわね」

と、Mちゃんの鋭い指摘。
さすが、もとプロである・・・。









AAA WINDOW






サービスのお兄さんも親切な対応で気持ちがいい。

窓の下にはモンマルトル地区の景色が広がっています。







AAA OLIVES







アミューズグル(突き出し)はこのボリューム・・・。
でも、オリーブが美味しい。



ワインはメゾンのものをピッチャーで注文しました。

うん、おいしい・・・と、あれ、この黒いものは・・?

よく見ると、小さな羽虫が私のワイングラスの中でプカプカ・・。

一応お兄さんに言うと、新しいピッチャーを持ってきてくれ、

私のはもちろん、Mちゃんのグラスまで、

テキパキとぜーんぶかえてくれました。







さて、メニューはどれも美味しそうで迷う・・・。
隣の仏人カップルのテーブルを見ると、メインだけで十分そう。


「牛肉のブルゴーニュ風煮込み」と本日のメイン料理の
「フィレミニョンのマスタードソース」をシェアすることにしました。









AAA COCOTTE








数分後・・・私の前に置かれたのがこのココット鍋。

「熱いので、触らないでください。私が開けます」

と、お兄さん。









AAA BOURGIGNON








中には煮込みがたっぷり・・・美味しそう!

(一人で全部はとても食べきれないなー・・・・心の声)


煮込み具合は申し分なく、お肉も柔らかい。
「フランスのおばあちゃんの味!」

ただ、もう少し塩味控えめだとよかった・・・残念。










AAA FILET MIGNON







フィレミニョンも柔らかく、ソースもいい。
とくに、中央に盛られたパスタがこしがあってグッド。
イタリアのものか、ひょっとして自家製?







AAA CREME BRULE








お腹はいっぱいになっても、デザートはしっかりいただきます!

まずは、オレンジ風味のクレーム・ブリュレ。

これはハズレのない美味しさ。



そして、「今日は寒いけど、どうも気になる・・」

と、頼んだのが、










AAA SORBET DE POMME






「青リンゴのシャーベット、カルヴァドスがけ」

これがさっぱりと美味しかった・・・
そして、カルヴァドスがきいていて、
Mちゃんは

「なんだかフラフラする~」







AAA PLAFOND






全体に味付けはしっかり目ですが、
素材もいいし、満足できました。



今度はぜひ、魚料理を試してみたい・・・。


(今回は、メイン、デザート、ワイン、
二人で70ユーロくらいでした)











AAA ENTRANCE
もう春なのに、入り口にはまだ去年のノエルのデコレーションの名残りが・・・フランスらしい(笑)。







LE CABANON DE LA BUTTE
6 Rue Lamarck
75018 Paris
tel 01 42 57 20 46








ランチのあとの散策・・・といっても寒い中あまり歩き回りたくはなく・・・







AAA BOUTIQUE DES ANGES








お気に入りの「天使の店 La Boutique des Anges 」で

日本の家族へのプレゼントなどを買い・・・・

(この日はいつものマダムではなく、天使のような微笑の綺麗なお姉さんが応対してくれました)








AAA CAFE VIENOIS








モンマルトルに来るとなぜか飲みたくなるウィンナー・コーヒーを

カフェで注文し、いっぱいおしゃべりして・・・ああ満足~、の一日でした。








ランキングマーク、クリックしていただけると
うれしいです!



  ↓


 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

この記事のみを表示するパリの猫カフェでびっくり

未分類

AAA NEKO BLANC
美しいお姫様猫(王子様かも?)はブラン(白の意味)ちゃんと命名。明記されているもの以外はすべてMちゃん撮影。








猫カフェ初体験の続きです。




さて、カフェとはいえ、私たちの目的はフォトを撮ること。

寝ている子も可愛いし、寄ってくる子はもっと可愛い~。






AAA NEKO GRIGRIS
「なんにゃーん」と、眠たそうなグリグリ。






私にとってはもちろん我が家の猫、マヤちゃんが一番ですが、

たくさん猫ちゃんがいるのも楽しいなーなんて、ついつい思ってしまいました・・・。






お店のお姉さんがオヤツをあげる時間になると・・








AAA GOUTER








寝ていた子も起きて来て、おねだり。

猫カフェならではのお客様サービス、といったところでしょうか。




スペクタクルが終わって、ふと見れば・・・






AAA NEKO KISS







グリグリくんがブランちゃん(勝手にオス、メスにしています)にキス。

見ているこちらの目がハート型になってしまいます。








フォトもいっぱい撮れたし、一休みしていると・・・

「あれっ」とMちゃん。







AAA NEKO DOWN 3
Photo by Chisa




AAA TORA





AAA NEKO DOWN
Photo by Chisa





「後ろに猫ちゃんたちがいる・・」

後ろに回ってみて見ると、椅子の背にかけてあったMちゃんのダウンの下に猫たちが集まっています。



「マタタビなんか付けてきてないよね?」

「ま、まさか・・・」

いったい何が彼らを惹きつけるのだろうか・・・。






AAA NEKO SAC
Photo by Chisa





これは私のバッグ。

猫は袋や箱が大好きで、すぐに入りたがります。



そして・・・・






AAA TORA 3






トラくんは私の向かい、Mちゃんの椅子に(これは前回も使ったフォトです)。


私たちのテーブルはすっかり猫たちに占領されてしまったのでした。







AAA PLACE BASTILLE
バスティーユ広場にて。






いやはや、とんだハプニングでびっくりしましたが、

楽しい思い出になりました。



予約なしなので、バスティーユ近辺でちょっとお茶でもというとき、

立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

可愛い猫たちがのーんびりと待っています
(ちょっとおしっこのニオイが・・・ですが)。






LE CAFE DES CHATS
9 Rue Sedaine
75011 Paris
12:00-22:30 (月休)
TEL 09 73 53 35 81




ランキングマーク、クリックしていただけると
うれしいです!



  ↓


 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



この記事のみを表示するパリの猫カフェ初体験

未分類

AAA GRIGRIS SLEEP
私とMちゃん一番のお気に入りのグリグリちゃん。
(映画『猫が行方不明』のグリグリにちなんで、勝手につけました・・)。表記があるもの以外はすべてMちゃん撮影。








数年前からパリにも登場した猫カフェ。
気にはなっていましたが、
ウチにはマヤちゃん(猫)がいるし、まあいいかなと・・。





すると先月、夫ミカエルが帰ってくるなり、

「ねえねえ、ギレムが猫カフェで写真撮って来たって」

ミカエルの友達ギレムの本業はドラマー兼パーカッショニスト。
ところが最近趣味の写真の方が評判になり、
歌手ジェラルド・ド・パルマスのアルバムカバーに
作品が使われたりしているのです。


彼の作品のほとんどはモノクローム。
本人の了解を得て、猫ちゃん写真をご紹介いたしますと・・・








AAA NEKO GUILHEM SEGUIN 4







AAA NEKO GUILHEM SEGUIN 3








AAA NEKO GUILHEM SEGUIN 2








AAA NEKO GUILHEM SEGUIN
(以上4フォト by Guilhem Seguin)  instagram Guilhem Seguin





猫カフェもなかなかアートに表現されております。

さて、これをMちゃんに見せたところ、

「じゃ、私たちも行って、いっぱいフォト撮ってこよう!」

猫好きとしては負けられない?



さて、目指すはバスティーユにある

「Le Café des chats 猫のカフェ」







AAA NEKO ENTRANCE
(フォト by Chisa)







前回トライしたときは長蛇の列であきらめましたが、

今日は平日で空いています。

それでも半分以上の席が埋まっている・・。

まず入り口にある殺菌用ジェルで手を綺麗にし、

中に入ると・・・ん? この臭いは何にゃん?


「あ、これ」Mちゃんが言う。
「おしっこ。マヤちゃんはメスだからチサさんちは臭わないけど、
オスのはこうなの。私の実家にいたのはオスだったから」

でも、この臭いもしばらくいると慣れてしまいます。






AAA NEKO DECOR 2
(フォト by Chisa)







AAA NEKO THE
(フォト by Chisa)





テーブルにつき、飲み物を注文。
店内には猫の絵や写真などが飾られ、
椅子も座りやすいし、居心地がよい。


時間制限もなく、飲食するだけ。
普通のカフェと同じです。




そして・・・おーいるいる、猫ちゃんたち。

では、しばしフォトをお楽しみください(名前は便宜上というか、楽しんで? 私がつけました~)。







AAA TORA 3
雉トラの「トラ」。愛猫マヤちゃんと似ていますが、大きい。男の子かな。






AAA NEKO SIAM
この「シャム」は一番人慣れしている感じ。








AAA NEKO SLEEPY
ずーっと籠の中で寝ていた「スリーピー」。








AAA NEKO KURO TORA
入り口の椅子がベッドの「クロ」ちゃんに「トラ」が、「ねえ、遊ぼうよ~」あるいは
「こら、そこ、僕の場所だぞー」・・・・。






AAA NEKO GOEMON
ずばり「ゴエモン」と命名。なかなかフォトを撮らせてくれないのはこの子。










AAA NEKO CHIBI
まだ幼いこの子は「チビ」ちゃん。(フォトby Chisa)






猫たちを追いかけまくって、たくさんフォトを撮りました。

このあと、驚きの出来事が!

続く・・・。












ランキングマーク、クリックしていただけると
うれしいです!



  ↓


 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

この記事のみを表示する「パリで一番かも!」のショコラティエ

未分類

AAA EIFFEL CHOCOLAT
エッフェル塔のチョコレート。(フォト BY Mちゃん)






・・・というタイトルですが、その前にワンクッション。


その日のコースは

バスティーユの「猫カフェ」→マレをぶらつく→ショコラティエ

の予定でしたが、土曜のためか「猫カフェ」の外には長蛇の列・・。



それで、その向かいにある「リンダストリー L’INDUSTRIE 」
でお茶をしました。


前にミカエルとよく行っていたカフェ・ブラスリーですが、
広々として居心地がいい。

また、お値段もリーズナブル。







AAA LINDUSTRIE 2






ダブルエスプレッソにチーズケーキ。

普通の2倍はあるかと・・。

半分こで正解・・ですが、甘さ控え目で軽く、

「パリのチーズケーキも進歩したわねえ~」

と、しみじみ・・・。







AAA LINDUSTRIE








もうひとつのスイーツはミルクムース&レッドフルーツ。

これもさっぱり・爽やかでマル

(アイスクリームが入っていたら申し分なかった・・)。








さて、本題のチョコレート店「レ・トロワ・ショコラ LES TROIS CHOCOLATS 」
は、サン・ポール駅の近くにあります。







AAA 3CHOCOLATS 8








オーナー&ショコラティエをつとめるのは日本人女性、佐野エミコさん。







AAA 3CHOCOLATS 6







博多の老舗チョコレート店の三代目。

御祖父様は20世紀初頭にヨーロッパでチョコレート作りを学んだという方。

息子、孫娘とその情熱は受け継がれていったわけですが、

興味深いのは、チェーン展開ではなく、お二人とも独立して自分の店を持っていること。









AAA 3CHOCOLATS 4







先日Mちゃんがここでショコラを購入し、
家でご主人のJ氏と食べたところ・・・

いつもは(なんでも)だまって口にするJ氏が、はたと顔を上げ、

「美味しい・・」

と、呟いたそうです。


「私の中ではナンバーワン」とMちゃん。








AAA 3CHOCOLATS1








ショコラには柚子、味噌、しょう油(!)、ゴマなど日本の食材を使ったものもあります。

私と夫ミカエルのお気に入りは・・・ヴァン・ショー(ホットワイン)。







AAA 3CHOCOLATS 2







ミカエルいわく、

「XXXX(某有名ショコラティエ)より美味しい~」








AAA 3CHOCOLATS 5
これは「北斎」ウサギ&タマゴチョコ。







復活祭のシーズンなので、卵やウサギ、ニワトリなどのチョコもあります。

驚くのが、ケーキや焼き菓子も充実していること。








AAA CAKE HARU







さて、クリーミーなケーキが苦手なミカエル用に、
パウンドケーキ「春」を購入。

チェリーが爽やかで美味しい。

パウンドケーキは「夏」「秋」「冬」もあります。

ショコラは5個までは1つ1ユーロ。
6個以上は1キロ95ユーロ。



今回は「甘いもの」ブログでした・・。
「猫カフェ」は、次回乞うご期待!









Café de L'industrie
16 Rue Saint-Sabin
75011 Paris


LES TROIS CHOCOLATS
45 Rue Saint Paul
75004 Paris
tel 01 44 61 28 65
11: 00-20:00 (月曜休)





ランキングマーク、クリックしていただけると
うれしいです!



  ↓


 free counters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村